ニュースリリース

海賊版サイトの対策として検討してきた「接続遮断(ブロッキング)」法制化断念

政府は2018年6月から10月までに有識者会議(本ホームページに掲載)で、接続遮断(ブロッキング)の法制化に向けた議論を行ってきたが、通信業界を中心に「通信の秘密」を侵害するおそれがある事が問題視されてきた。政府は今年の通常国会に接続遮断(ブロッキング)の法制化を目指していたが検討会議で意見がまとまらず無期限延期となっていた。 2019年1月中旬に、政府は強制的に閲覧を止める「接続遮断(ブロッキング)」の法制化を断念する方針...

「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」の座長メモ公開(2018-10-30)

政府の知的財産戦略本部 検証・評価企画委員会において、同委員会の タスクフォース「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」の検 討状況報告が座長メモとして公開された。  ブロッキングに関する法制度整備については意見がまとまらなかった事 から出版業界、通信業界仕切り直しで今後海賊版の撲滅に向けた取り組み に期待していきたいと思います。  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news101_2.html

第9回「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」の件

政府において海賊版サイト対策としてサイドブロッキング(接続遮断)の法制化について議論がなされている。 サイドブロッキングするにはすべてのネット利用者がどのサイトを見ようとしているか確認する必要がある事から「通信の秘密」を侵害するおそれがある事が問題視されてきた。政府は来年の通常国会に遮断の法制化を目指していたが検討会議で意見がまとまらず無期限延期となった。権利者である大手出版業界側とインターネット業界の争いである...